テレフォンカードが買える場所!コンビニや販売店やかけ方レクチャー

※本ページはプロモーションが含まれています

テレフォンカード,買える場所,コンビニ,販売店,かけ方

テレフォンカードが買える場所についてコンビニや販売店やかけ方についてご紹介します!

テレフォンカードが買える場所

コンビニで簡単に手に入る

テレフォンカードを探している方にとって、最も身近で便利な購入場所は、なんといってもコンビニです。

日本全国に店舗を構えるセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの大手コンビニチェーンでは、テレフォンカードの取り扱いが一般的です。

例えば、セブンイレブンでは、レジカウンターで簡単にテレフォンカードを購入できます。

店員さんに申し出るだけで、すぐに手に入れることが可能です。

また、コンビニでのテレフォンカード購入の魅力は、その利便性にあります。

24時間営業の店舗が多いため、急な必要性が生じた際にも、時間を気にせず購入できる点は大きなメリットです。

さらに、デイリーヤマザキやミニストップ、スリーエフなど、地域によっては他のコンビニチェーンでもテレフォンカードを取り扱っています。

これらの店舗を訪れる際は、テレフォンカードの販売状況を確認すると良いでしょう。

駅売店や病院売店でも見つかる

テレフォンカードは、コンビニ以外にも様々な場所で購入可能です。

特に、駅の売店や病院内の売店では、テレフォンカードの取り扱いが見られます。

JR東日本のクロスステーションなどの駅売店では、旅行者や通勤・通学者のニーズに応える形で、テレフォンカードを販売しています。

また、病院内の売店でも、訪問者や患者さんの便宜を考えて、テレフォンカードを取り扱っていることが多いです。

これらの場所でテレフォンカードを購入する際のポイントは、売店の営業時間に注意することです。

コンビニと異なり、駅売店や病院売店は限られた時間帯のみの営業となることが一般的です。

そのため、これらの場所でテレフォンカードを購入する際は、事前に営業時間を確認しておくと安心です。

テレフォンカードの種類

50度数と105度数の2種類

テレフォンカードには、主に2種類のタイプが存在します。

それは「50度数」と「105度数」のカードです。

50度数のテレフォンカードは、価格が500円(非課税)で、一方の105度数のカードは、1,000円(非課税)で販売されています。

これらの度数は、カードの通話時間を示しており、50度数は約50回の通話が可能、105度数では約105回の通話が可能です。

テレフォンカードは、公衆電話の利用に非常に便利です。

特に、スマートフォンの持ち込みが学校の校則で禁止されている場合や、災害時の緊急連絡手段として、テレフォンカードは大変重宝されます。

また、テレフォンカードを購入する際には、自分の使用目的や予算に応じて、適切な度数のカードを選ぶことが大切です。

例えば、頻繁に公衆電話を利用する方は、105度数のカードがおすすめです。

一方で、緊急時のみの使用を考えている方は、50度数のカードが適しているでしょう。

テレフォンカードの購入場所や種類を理解することで、必要な時にスムーズに利用できるようになります。

これらの情報を参考に、テレフォンカードを賢く活用してみてください。

それぞれの価格と特徴

テレフォンカードには、主に「50度数」と「105度数」という2種類があります。

これらは、カードに記載されている通話時間の単位を指し、それぞれのカードには独自の価格設定と特徴があります。

50度数のテレフォンカードは、価格が500円(非課税)で提供されています。

このカードは、短期間での利用や、緊急時の連絡手段として最適です。

一方、105度数のテレフォンカードは、1,000円(非課税)で販売されており、より長期間の使用や頻繁な利用に適しています。

105度数のカードは、50度数のカードよりも多くの通話時間を提供するため、コストパフォーマンスに優れていると言えます。

これらのテレフォンカードは、公衆電話での利用に特化しており、特に学校の校則でスマートフォンの持ち込みが禁止されている学生や、災害時の緊急連絡手段としての需要が高まっています。

テレフォンカードの買い方

コンビニ(セブンイレブン)での購入方法

セブンイレブンでのテレフォンカード購入は、非常に簡単で便利です。

セブンイレブンは日本全国に多数の店舗を持ち、ほとんどの店舗でテレフォンカードが購入できます。

購入方法は、店内のレジにて店員さんにテレフォンカードの購入希望を伝えるだけです。

店員さんがカードの種類(50度数または105度数)を尋ねるため、事前にどのカードを購入するか決めておくとスムーズです。

セブンイレブンでは、テレフォンカードの取り扱いが一般的であり、特に繁華街や駅周辺の店舗では、利便性の高い購入場所として多くの人に利用されています。

24時間営業の店舗が多いため、時間を気にせずに購入することが可能です。

3-2. 購入時の注意点

テレフォンカードを購入する際には、いくつかの注意点があります。

まず、購入する店舗がテレフォンカードを取り扱っているか事前に確認することが重要です。

特に地方の小さなコンビニや、一部の駅売店では取り扱いがない場合があります。

また、購入するテレフォンカードの種類(50度数または105度数)を明確にすることも大切です。

自分の使用目的や予算に合わせて適切なカードを選ぶことで、無駄な出費を防ぐことができます。

さらに、購入後のカードの保管にも注意が必要です。

テレフォンカードは紙製のため、水濡れや破損に注意し、安全な場所に保管することが望ましいです。

テレフォンカードの使用方法

公衆電話の使い方

テレフォンカードを利用する際、公衆電話の使い方を知っておくことは重要です。

公衆電話の基本的な使い方は、まず受話器を持ち上げ、テレフォンカードを挿入することから始まります。

カードを挿入した後、発信音が聞こえたら、ダイヤルするか、プッシュボタンで番号を入力します。

通話が終了したら、受話器を元の位置に戻すことで、通話が終了し、カードが返却されます。

公衆電話の種類によっては、緊急通報ボタンが設置されているものもあります。

このタイプの公衆電話では、受話器を持ち上げた後、硬貨かテレフォンカードを投入すると発信音が聞こえ、その後ダイヤルする流れになります。

また、停電時にはテレフォンカードは使用できない点にも注意が必要です。

こちらの動画でしっかり覚えておきましょう。

通話料金と通話時間の計算

テレフォンカードを使用する際、通話料金と通話時間の計算を理解しておくことが役立ちます。

テレフォンカードの度数は、通話時間の単位を示しており、50度数のカードは約50回、105度数のカードは約105回の通話が可能です。

公衆電話から携帯電話への通話の場合、10円あたりの通話時間は全域で15.5秒となっています。

固定電話への通話では、通話区間によって通話時間が異なり、昼間は56.0秒、夜間は76.0秒となっています。

これらの情報を基に、テレフォンカードの使用計画を立てることができます。

例えば、1,000円のテレフォンカードを購入した場合、携帯電話への通話であれば、約50回の通話が可能です。

これにより、テレフォンカードの使用を最適化し、無駄なく利用することができます。

テレフォンカードの他の利用方法

未使用カードの固定電話への利用

未使用のテレフォンカードは、固定電話の通話料金に利用することができます。

これは、特に家庭で固定電話を利用している場合に便利な機能です。

対象となるテレフォンカードは、未使用で500円、1,000円の額面のものに限られます。

対象回線は加入電話、ISDN、ひかり電話(電話サービス)、ひかり電話オフィスタイプ(電話サービス)ですが、ひかり電話ビジネスタイプ、オフィスタイプAは除かれます。

このサービスを利用する際は、テレフォンカード1枚につき55円(税込)の手数料がかかります。

未使用のテレフォンカードを固定電話の通話料金に充てることで、家計の節約にも貢献することができます。

また、テレフォンカードを購入したものの、予定よりも使用頻度が少なかった場合にも、この方法を活用することが可能です。

買取や寄付の可能性

テレフォンカードは、使用後も価値を持つアイテムです。

特に未使用のテレフォンカードは、買取専門店や金券ショップ、オンラインマーケットプレイスでの買取が可能です。

例えば、メルカリなどのオンラインプラットフォームでは、テレフォンカードを現金化することができます。

これは、テレフォンカードを購入したものの使用機会がなかった場合や、余分に持っている場合に特に便利です。

また、テレフォンカードは寄付としても活用できます。

一部の慈善団体では、テレフォンカードを寄付として受け入れており、これらは様々な社会貢献活動に役立てられます。

テレフォンカードの買取や寄付は、カードが持つ価値を再利用し、社会に貢献する素晴らしい方法です。

テレフォンカードの重要性

テレフォンカードの便利さと重要性

テレフォンカードは、その便利さと重要性で多くの人々に利用されています。

公衆電話は、スマートフォンが普及した現代でも、緊急時の連絡手段として、またスマートフォンの電池切れや圏外の場合の代替手段として重要な役割を果たしています。

テレフォンカードは、公衆電話をスムーズに利用するための鍵となり、特に災害時や緊急時には、連絡手段としての価値が非常に高まります。

さらに、テレフォンカードは、学校の校則でスマートフォンの持ち込みが禁止されている学生や、海外旅行者にとっても便利なアイテムです。

これらの利用者にとって、テレフォンカードは安全かつ確実な通信手段を提供します。

6-2. 災害時の備えとしての価値

災害時におけるテレフォンカードの価値は計り知れません。

地震や台風などの自然災害が発生した際、携帯電話のネットワークがダウンすることがあります。

このような状況では、公衆電話が重要な通信手段となり、テレフォンカードはその利用を可能にします。

テレフォンカードを持っていることで、家族や友人との連絡、緊急サービスへの連絡が容易になり、安心感をもたらします。

また、災害時には、公衆電話が無料で開放されることもありますが、その場合でもテレフォンカードは重要です。

なぜなら、災害発生直後は公衆電話が混雑し、利用が困難になることがあるからです。

テレフォンカードを持っていれば、混雑を避けて別の公衆電話を探すことができ、迅速に連絡を取ることが可能になります。

このように、テレフォンカードは日常生活だけでなく、災害時の備えとしても非常に重要なアイテムです。

そのため、テレフォンカードを購入し、常備しておくことは、安全と安心のために推奨されます。