「シミュレーションとシュミレーション」どっちが正しいのか説明します

※本ページはプロモーションが含まれています

シミュレーション,シュミレーション,どっち,正しい

「シミュレーション」と「シュミレーション」はどっちが正しいのか説明します。

今回は、「シミュレーション」と「シュミレーション」はどっちが正しいのか判断に困ったことがある人も多いのではないでしょうか。

多くの人が使用する「シミュレーション」と「シュミレーション」には、実は重要な違いが隠されています。

この記事では、これらの言葉の正確な使用法と発音、さらには日本語における音位転換の興味深い現象についても掘り下げます。

「シミュレーションとシュミレーション」どっちが正しい?

「シミュレーション」と「シュミレーション」の違いについてですが、「シミュレーション」が正しい表記であり、「シュミレーション」は誤りであるとされています。

「シミュレーション」は、何らかのシステムの挙動を模擬することを指し、英語での表記は「simulation」です。

これは「模擬実験」や「模擬訓練」という意味も含んでいます。

一方で、「シュミレーション」は「シミュレーション」の語頭の2音を音位転換させた語形であり、これは誤った表記とされています。

ちなみに、「シミュレーション」の語源は、ラテン語の「similis」(似ている)、「simulare」(模倣する)、「simulat」(真似た、コピーした)などの用語から来ており、対象となるシステムの法則を模倣するモデルやコンピュータプログラムを用いて行われることが多いです。

したがって、「シミュレーション」が正しい表記で、「シュミレーション」は誤った表記と理解されています。

「シミュレーションとシュミレーション」の誤解について

英語の原形からの発音

「simulation」が元となる英単語であり、それをカタカナに転写すると「シミュレーション」と表記されます。

したがって、「シミュレーション」が適切なカタカナ表記と発音とされます。

「シュミレーション」の存在理由

「シュミレーション」のように発音する人が多いのは、「シミュ」の発音が日本人にとって馴染みが薄く、発音しにくいことが要因です。

例えば、「コミュニケーション」も「コミニケーション」と言われることがあります。

「シュ」音の馴染みやすさ

一方で、「シュ」という発音は日本語では一般的で、例えば「趣味」の「シュミ」と同じで、日本人は発音しやすいです。

それが「シミュ」から「シュミ」に変わり、「シュミレーション」と発音されるようになりました。

音位転換の事例

「音位転換」または「音位転倒」は、音素の順序が入れ替わる現象を指し、「feminism」が「フェミニズム」から「フェニミズム」となるのも同様の例です。

この現象は日本語にも見られ、「ふんいき」が「ふいんき」となることなどがあります。

また、「あらたしい」が「あたらしい」や「さんざか」が「さざんか」のように、誤用が正用として定着することもあります。

シミュレーションとシュミレーションはどっちが正しい?の総括

まとめると、本記事では、「シミュレーション」と「シュミレーション」の違いを詳細に解説しました。

「シミュレーション」が正確な表現であり、「シュミレーション」は日本語特有の音の変換によるものであることが分かりました。

ちなみに、「シミュレーション」は一般的で広く用いられる技術や手法を指すことが多いです。

それに対し、「シュミレーション」は特定の分野や組織内でのみ用いられる特殊なシミュレーション技術や手法を指すことが多いようです。