「玲」名前がよくない理由!ゼロや怖い連想?良い理由も

※本ページはプロモーションが含まれています

玲,名前,よくない,理由,ゼロ,怖い,良い,理由

「玲」名前がよくない理由はゼロや怖い連想するから?

今回は、「玲」名前がよくない理由と良い理由についてご紹介します。

「玲」という名前についての基本情報

「玲」という名前は、その美しい響きと共に、多くの人々に愛されています。

この漢字は、玉が澄んだ音を立てる様子を表す「玲瓏(れいろう)」や、美しい音が鳴り響く「玲玲(れいれい)」など、美しい熟語にも使われています。

漢字辞典によると、「玲」は「玉の涼しげに鳴る音」や「玉のように美しいさま」を意味しており、悪い意味は一切含まれていません。

特に、「玲」の左側の部分は「王へん」と呼ばれ、宝石や貴重なものを象徴しています。

このような背景から、「玲」という名前は清らかで高貴なイメージを持ち、名前としての魅力が高まっています。

「玲」が名前によくないとされる理由

「令」の部分が「ひざまずく人」を表すという誤解

「玲」という名前に含まれる「令」の部分について、一部では「ひざまずく人」を表すという誤解があります。

この解釈は、「令」の下部がカタカナの「ア」や「マ」に似ていることから生じています。

しかし、実際にはこの漢字は「天の声に耳を傾ける」という意味を持ち、敬虔で謙虚な人を象徴しています。

したがって、「玲」という名前が不適切であるという見解は、漢字の本来の意味を誤解していると言えるでしょう。

2-2. 2種類の漢字が存在し混乱を招く可能性

「玲」の漢字には、右側の「令」の部分に2種類の異体字が存在します。

これは、一つはカタカナの「ア」に似た形、もう一つは「マ」に似た形です。

このような異体字の存在は、名前を書く際や公的な書類に記入する際に混乱を招く可能性があります。

特に、出生届などの重要な書類を提出する際には、どちらの形を使用するか事前に確認する必要があるでしょう。

「レイ=0(ゼロ)」や「れい=霊」との連想

「玲」の読み方である「レイ」は、日本語で「0(ゼロ)」を意味する「れい」と音が同じです。

このため、一部の人々は「何もない状態」や「空虚」といったネガティブなイメージを連想することがあります。

また、「れい」という発音は「霊」とも同じであり、子供が名前でからかわれる可能性も指摘されています。

ただし、これらはあくまで個人の感覚に依存するもので、名前の選択において必ずしも決定的な要因とは言えません。

画数が良くないとされる点

姓名判断において、名前の画数は重要な要素とされています。

「玲」の画数は9画で、一部の姓名判断では不吉な数字とされることがあります。

特に、名前だけで判断する「地格」においては、この画数は理想的ではないとされることがあります。

しかし、姓名判断は個人の信念や文化によって異なるため、一概に「玲」が不適切な名前であるとは言えないでしょう。

また、姓との組み合わせによっては、全体の画数が良いバランスになることもあります。

一文字の名前に対する否定的な見方(特に男の子の場合)

「玲」という一文字の名前に対しては、特に男の子の場合、否定的な見方が存在します。

伝統的な考え方では、名前は家族の歴史や将来を象徴するものとされ、男の子の名前は家族を支える強さを表すべきとされてきました。

そのため、一文字の名前は、その重みや深みが不足していると見なされることがあります。

しかし、現代ではこのような観点は徐々に変化しており、「玲」のような一文字の名前も、その独特の魅力やシンプルさから選ばれることが増えています。

 口で説明しづらい漢字

「玲」という漢字は、その美しさにもかかわらず、口頭での説明が難しいという問題があります。

特に、日常生活で頻繁に名前を伝える必要がある場面では、この漢字が一般的でないために誤解を招くことがあります。

例えば、電話での名前の伝達や、漢字を知らない人に説明する際には、追加の説明が必要になることが多いです。

しかし、この点は「玲」という名前のユニークさや特別感を高める要素とも言えます。

2-7. キラキラネームとしての印象

「玲」という名前は、そのモダンでスタイリッシュな響きから、いわゆる「キラキラネーム」と見なされることがあります。

このような名前は、従来の日本の名前の慣習から外れるため、一部では受け入れがたいと感じる人もいます。

しかし、このような新しい名前のトレンドは、個性や時代性を反映しており、多様性のある社会においては、一つの選択肢として認識されています。

「怜」や「伶」との混同

「玲」という名前は、「怜」や「伶」といった他の漢字と混同されやすいという問題もあります。

これらの漢字は、発音が同じでありながら異なる意味を持つため、人々が誤って使うことがあります。

特に、名前を聞いただけで正確な漢字を特定するのは困難であり、誤解を招く原因となることがあります。

しかし、これもまた、「玲」という名前の独特さや個性を際立たせる要素と捉えることができます。

「玲」が名前にふさわしい理由

漢字に込められた美しい意味

「玲」という名前は、漢字辞典によると「玉の涼しげに鳴る音」や「玉のように美しいさま」という意味を持っています。

この漢字の左側の部分は「王へん」と呼ばれ、「玉=宝石」を意味し、高貴で清らかなイメージを持っています。

また、「玲瓏(れいろう)」や「玲玲(れいれい)」のように、美しい熟語にも使われており、その響きは涼やかで美しいものを想起させます。

このように、「玲」という名前は、その美しい意味合いから、名付けにおいて素晴らしい選択となり得ます。

人名用漢字としての長い歴史

「玲」という漢字は、1951年に人名用漢字として正式に認められて以来、70年以上の長い歴史を持っています。

この長い歴史は、多くの人々にとって馴染み深い漢字であることを示しています。

昭和時代から現代に至るまで、この漢字は多くの人々に愛され、名前として使用され続けてきました。

そのため、「玲」という名前は、古くから日本の文化に根ざした、伝統的な魅力を持つと言えるでしょう。

外国人にも発音しやすくクールな印象

「玲」という名前は、その発音が外国人にとっても覚えやすく、国際的な響きを持っています。

例えば、レイ・チャールズやレイ・リオッタのような有名な外国人の名前としても知られており、日本名の中では比較的発音しやすい部類に入ります。

このように、「玲」という名前は、国際的な感覚を持つ現代社会において、クールで洗練された印象を与えることができるのです。

「玲」の名前の現在の人気度

最新の人気ランキングでの位置

「玲」という名前は、最新の人気ランキングにおいても注目されています。

2021年の女の子の名前ランキングでは、「玲」を含む名前が100位内にランクインしており、特に女の子の名前としての人気が伺えます。

ただし、男の子の名前としては上位100位以内には見られませんでした。

このことから、「玲」という名前は女の子に特に好まれる傾向にあると言えます。

また、このランキングは、名前のトレンドや親の好みが反映されており、「玲」が現代の親たちに受け入れられていることを示しています。

「玲」を含む名前を持つ有名人

「玲」という名前を持つ有名人は数多く、その中には女優の桐谷美玲さんやタレントのトリンドル玲奈さんなどがいます。

また、男性ではダンサー兼俳優の佐野玲於さんや声優の土田玲央さんなどが挙げられます。

これらの有名人は、それぞれの分野で顕著な活躍を見せており、「玲」という名前が持つ魅力や個性を反映しています。

特に、これらの有名人の存在は、「玲」という名前が幅広い年代や性別に受け入れられていることを示しており、名前としての普遍性と魅力を裏付けています。