GLS1阻害剤の市販薬やサプリはどこで買える?老化治療薬の7days情報!

本ページはプロモーションが含まれています。
GLS1阻害剤,市販薬,サプリ,どこで買える,老化治療薬,7days,情報

2023年1月28日放送の「情報7daysニュースキャスター」でGLS1阻害剤について紹介されましたのでまとめてご紹介します!

老化治療薬GLS-1とは

老化治療薬を発見した東京大学の教授

老化治療薬を発見したとして紹介されたのは、東京大学医学部の研究所で研究を行っている中西真教授です。

中西教授は現在、老化研究を進める内閣府のチームを率いており、老化を病気として捉え、治療可能とする研究を行っています。

中西教授たちの研究によって、体の若返りを実現する夢の治療薬が現実味を帯びてきたのです。

老化の仕組みとは?

老化細胞は、周囲の細胞も老化させる物質を放出し、その影響で次々と仲間を増やすことから「ゾンビ細胞」と呼ばれることがあります。

通常、免疫システムがこれらの老化細胞を排除していますが、一部の細胞は免疫の攻撃から逃れることができます。

この逃れるメカニズムは長らく謎でした。

PD-L1と免疫チェックポイント阻害剤

中西教授たちが老化細胞の蓄積メカニズムを解明する過程で、老化細胞の一部がPD-L1というタンパク質を生成し、これが免疫システムから逃れる手段であることを発見。

PD-L1の働きを抑制する薬は既に存在し、これは「免疫チェックポイント阻害剤」として知られています。

2018年に本庶佑先生がノーベル医学・生理学賞を受賞した研究も、この免疫チェックポイント阻害剤に関連しています。

GLS1阻害剤の市販薬はどこで買える?

GLS1阻害剤は医療従事者や研究者に向けてしか市販されていないようです。(現在はアメリカで臨床試験中)

調べたところ、同じような老化を抑制するNMNでしたらサプリメントで販売されています。

「マツコ会議」や「初耳学」のテレビ番組でも話題になっていたNMNのサプリです。

>>nonlie NMN10230プラス公式ページ

GLS1阻害剤の最新情報と今後の展望

GLS1阻害剤は、老化に関連する治療に新たな希望をもたらしています。

現在進行中の研究や臨床試験の結果によって、将来的には一般の人々も利用できるようになるかもしれません。

老化治療の分野は急速に進展しており、新しい発見や技術が次々と報告されています。

最新の研究によると、GLS1阻害剤は老化だけでなく、がん治療や代謝障害の改善にも有望視されています。

これからも注目すべき薬として、その動向を見守りたいところです。

タイトルとURLをコピーしました