CAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いを比較2つ!どっちがオススメ?

※本ページはプロモーションが含まれています

CAH-2G10F,CAH-2G10E,違い,比較,どっち,オススメ

アラジン電気ストーブのCAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いを比較して、徹底解説します。

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いを比較したところ、以下の2つでした。

  • CAH-2G10Fは「グラファイトeヒーター」を搭載
  • CAH-2G10Fは「ecoモード」を搭載

CAH-2G10FとCAH-2G10Eともに「ホワイト」と「グリーン」の2色展開です。

本文で詳しく説明いたします。

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いを比較

アラジン電気ストーブのCAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いは以下の2つです。

  1. CAH-2G10Fは、広範囲を温められる「グラファイトeヒーター」を搭載
  2. CAH-2G10Fは、室温が22度になると自動でパワーをセーブする「ecoモード」を搭載

CAH-2G10Fには、新機能の「グラファイトeヒーター」と「ecoモード」が搭載されています。

CAH-2G10FとCAH-2G10Eのどちらの機種もパワー切替ダイヤル式で、300Wから700Wまでは50W刻みで調整ができるので、性能的には、ほとんど変わっていないと思われます。

以下のように商品説明もありました。

※2023年8月発売分より型番をCAH-2G10Fへ変更しています。

では、それぞれの違いを詳しくご紹介しますね。

CAH-2G10Fは室温が22度になると自動でパワーをセーブする「ecoモード」を搭載

CAH-2G10Fには室温が22度になると自動でパワーをセーブするecoモードが搭載されています。

ついにヒーターまで温度センサーによる温度制御の時代になりました。

0.2秒で速暖をし、室内温度が約22℃に達すると、自動的にパワーを抑えた通常運転に移行します。

自動いでパワーをセーブし「あたためすぎ」を不正でくれる嬉しい機能で、パワーをセーブすることで電気代の節約にもつながる嬉しいecoモードですね。

CAH-2G10FとCAH-2G10Eのカラー展開の違い

気になるカラー展開の違いですが、CAH-2G10FとCAH-2G10Eのカラー展開の違いはないようです。

CAH-2G10FとCAH-2G10Eともにカラー展開は2色で

  • ホワイト
  • グリーン

の2色です。

定番はホワイトかな。って思いますが、グリーンも派手なグリーンではなく落ち着いた発色なので、どんなタイプのインテリアにも馴染やすいと思います。

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの大きさや重さの違いを比較

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの大きさや重さの違いを比較ですが、寸法も重さも、まったく変わりません。

本体サイズ

本体縦向き:幅32×奥行35×高さ70.3cm

本体横向き:幅58.8×奥行35×高さ69.5cm

重量

6.7kg

CAH-2G10FとCAH-2G10E どっちがおすすめ?

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いを踏まえて、どちらがどんな方におすすめか整理しますね。

CAH-2G10Fのほうが性能がアップしているとの情報もあることから、どっちがおすすめかといわれたら、CAH-2G10Fの新機種をおすすめしたいです。

とはいえ、詳しく調べた結果、CAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いはないようです。

冒頭でもご紹介しましたが、2023年8月発売分より型番をCAH-2G10Fへ変更しているとのことですが、内容的には変わっていないかもしれません。

ちなみに、CAH-2G10Fの変更発売日は2023年8月。

そして、CAH-2G10Eの発売日は2022年9月です。

年式別にロットを変えているのかもしれませんが、一部の情報では「グラファイトeヒーター」と自動でパワーをセーブする「ecoモード」の性能が上がっているとの情報もあります。

つまり、購入するならCAH-2G10Fを選んでおけば間違いないでしょう。

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの比較表

CAH-2G10FCAH-2G10E
本体サイズ本体縦向き:幅32×奥行35×高さ70.3cm
本体横向き:幅58.8×奥行35×高さ69.5cm
本体縦向き:幅32×奥行35×高さ70.3cm
本体横向き:幅58.8×奥行35×高さ69.5cm
重量6.7kg6.7kg
カラーホワイト
グリーン
ホワイト
グリーン
消費電力(電源)1000W(AC100V)1000W(AC100V)
パワー切替1000W / 700~300W1000W / 700~300W
タイマー0.5~8時間0.5~8時間
コードの長さ2.0m2.0m
縦横ローテーション
防滴仕様××
自動首振り
シャットオフセンサー
自動オフタイマー8時間で自動オフ8時間で自動オフ
転倒オフスイッチ光センサー式光センサー式
その他安全装置チャイルドロックチャイルドロック

CAH-2G10FとCAH-2G10E 共通の機能や特徴

ここからはCAH-2G10FとCAH-2G10Eの共通の機能や特徴についてご紹介しますね。

0.2秒で速暖のグラファイトヒーター

CAH-2G10FとCAH-2G10Eにはグラファイトヒーターが搭載されていて、0.2秒で速暖になります。

グラファイトヒーターとは航空、宇宙開発にも採用されている、高分子フィルムが使われている高性能な技術です。

このグラファイトヒーターを搭載することで、約0.2秒という驚異的な速暖性が実現ています。

寒い季節は部屋に入って、スイッチオンで速暖が嬉しいですね。

カーテンや障害物を自動感知して電源OFF

CAH-2G10FとCAH-2G10Eには安全装置として、赤外線センサーが搭載されています。

赤外線センサーが、カーテンや障害物を感知して、自動的に電源を切るしくみになっており、安全対策もばっちりです。

当然、転倒すると自動で電源がOFFになる機能も搭載しています。

ワンタッチで回転!横向きもOK

CAH-2G10FとCAH-2G10Eの画期的な機能に、横向きに回転する機能があります。

さらに、この機能によって電動による「縦と横」のローテーションができるのです。

上下左右に振り分け可能なヒーターは今までなかった機能ではないでしょうか。しかも電動ローテーションがうれしいですえね。

子供のいたずらも防止!チャイルドロック

CAH-2G10FとCAH-2G10Eには、子供がいる家庭では、是非ほしい機能のチャイルドロックも搭載しています。

好奇心旺盛で、何をしでかすかわからないのが子供…チャイルドロック搭載なら安心ですね。

使いやすいパネル表示

CAH-2G10FとCAH-2G10Eは、直感的に使えるようになっているので簡単です。

ダイヤルを回すだけで数字が光って温度やタイマーを教えてくれるので、説明書いらず。

暗い場所でも、クッキリ見やすいです。

CAH-2G10FとCAH-2G10E 違いの比較まとめ

以上、アラジン電気ストーブCAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いを2つお伝えしました。

違いはこちらの2つでしたね。

  1. CAH-2G10Fは、広範囲を温められる「グラファイトeヒーター」を搭載
  2. CAH-2G10Fは、室温が22度になると自動でパワーをセーブする「ecoモード」を搭載

とはいえ、型番が変わっただけで、中身は変わっていないみたいです。

機能や寸法、重さも全て一緒なので、機種名のロッドだけが変更されたみたいです。

CAH-2G10FとCAH-2G10Eのカラー展開も同じですね。

あえて2点の違いを比較してみて、CAH-2G10Fの購入で良いということが分かりました。

今回は、アラジン電気ストーブのCAH-2G10FとCAH-2G10Eの違いや比較をご紹介しました。