本屋の取り寄せは迷惑?理由やケース別の実例で真相に迫る

※本ページはプロモーションが含まれています

本屋の取り寄せは迷惑?理由やケース別の実例

本屋の取り寄せは迷惑?理由やケース別の実例で真相に迫ります。

本屋での取り寄せは迷惑だと思っているいとも多いはず。

実際にはいろいろなケースがあるようです。

本屋の取り寄せは迷惑になる?理由やケース別の実例

本屋の取り寄せは迷惑?理由やケース別の実例

あなたが探している本が書店にない場合、取り寄せを頼むことは一般的な行為です。

しかし、そのプロセスが店側に迷惑をかけるのかどうか、疑問に思う方も多いでしょう。

1. 取り寄せの基本

  • 大手出版社の本: 大手出版社の本は、取次(問屋)を経由して簡単に取り寄せられます。
    この場合、書店は通常、あなたが本を確実に購入することを前提に取り寄せを行い、迷惑ではなくむしろ喜ばれることが多いです。
  • マイナーな出版社の本: 取次を経由できない小規模出版社の本でも、書店がマージンを含めて卸してくれる場合は、取り寄せが可能です。
    ただし、手間はかかるため、店によっては対応が異なることもあります。

2. 問題となるケース

  • 自費出版や官公庁直売の本: マージンがなく、送料や手数料がかかるため、書店にとって利益が出ないケースです。
    このような本の取り寄せは、書店が応じることは少ないです。
  • 絶版本: 通販で高くなることがある絶版本の取り寄せは難しいです。
    出版社や取次に在庫がなければ、取り寄せ自体が不可能になります。

3. 複数冊の取り寄せ

  • 数量に関して: 18冊程度の複数冊の取り寄せは、基本的には問題ありません。
    ただし、注文後のキャンセルは迷惑行為とされることがありますので、確実に購入する意志がある場合に限ります。

4. 取り置きキャンセルの問題

  • 取り置きキャンセル: 店頭に並べることができないため、取り置きのキャンセルは書店にとってある程度の迷惑となります。
    ただし、頻繁にキャンセルするわけではない限り、大きな問題にはなりません。

5. 図書券の使用について

  • 図書券の使用: 図書券は基本的に500円の値打ちがあり、書店にとって利益がほとんどありません。
    つり銭の問題など、小売店によっては図書券の使用に関して制限がある場合もあります。

本屋の取り寄せで迷惑な客の影響

本屋の取り寄せは迷惑?理由やケース別の実例

ブラックリストの存在

本屋での取り寄せサービスは、顧客にとって非常に便利なオプションですが、一部の顧客が注文した本を取りに来ないことが問題となっています。

このような状況は、書店側にとって大きな迷惑となり、結果として「ブラックリスト」という制度が生まれました。

ブラックリストとは、繰り返し注文した本を取りに来ない顧客の名前をリストアップし、将来的なサービスを制限するものです。

例えば、ある書店では、注文品を取りに来ない顧客の名前がレジ近くに掲示され、スタッフ間で共有されています。

これは、書店が注文品の管理にかける労力やスペース、さらには財務的な負担を軽減するための措置です。

ネット表示と実際の在庫表示の問題点

現代では、多くの本屋がオンラインで在庫情報を提供していますが、このシステムには問題点が存在します。

特に、注文されたが取りに来られていない限定版の本などは、ネット上では「在庫あり」と表示され続けることがあります。

他の顧客からの問い合わせが増え、書店側は在庫の誤解を解消するために追加の労力を費やさなければなりません。

このような状況は、特に限定版の本や人気のある本に関して顕著で、書店側にとっては大きな負担となります。

2-4. 限定版本の取り扱いと顧客の責任

限定版本や人気のある本の取り寄せは、本屋にとっても顧客にとっても特別な意味を持ちます。

これらの本は、通常の在庫よりも高い需要があり、時には高額で転売されることもあります。そのため、これらの本を注文する際には、顧客には特に責任が伴います。

注文した限定版本は、入荷の連絡を受けたら迅速に取りに行くこと、または不要になった場合は速やかにキャンセルの意向を書店に伝えることが求められます。

書店は適切な在庫管理を行い、他の顧客へのサービス提供に支障をきたさないようにすることができます。

ブラックリスト入りを避けるために

ブラックリスト入りを避けるためには、本屋での取り寄せサービスを利用する際にいくつかのポイントを心がける必要があります。

まず、注文した本は、入荷の連絡を受けたら速やかに取りに行くことが重要です。

多くの書店では、入荷後一定期間内に取りに来ない場合、再度連絡を取りますが、これに応じないとブラックリストに登録される可能性があります。

また、注文した本が不要になった場合は、できるだけ早く書店に連絡し、キャンセルの意向を伝えることが望ましいです。

タイトルとURLをコピーしました